山口銀行

銀行コード:0170

サイトマップ

文字サイズ+-リセット
 
 

総合トップページお楽しみコンテンツふるさと紀行(Vol.38 色づく山と清流に抱かれた町へ)急傾斜の先に現れる五龍の滝は美しさもひとしお

お楽しみコンテンツ

ふるさと紀行

表紙に戻る

 

Vol.38 色づく山と清流に抱かれた町へ

急傾斜の先に現れる五龍の滝は美しさもひとしお

左/龍頭の滝の写真 右上/登龍の滝の写真 右下/龍尾の滝の写真

左/龍頭の滝。エメラルドグリーンに光る滝壷が美しい。
右上/登龍の滝。
右下/龍尾の滝は、夏場は子どもの格好の遊び場所。

2000年から5年間にわたり、錦町のPRポスターは国際的なアーティスト、横尾忠則氏が手掛けています。そのきっかけは滝。中国山地にかかる錦町は、山口県内にある滝の約半数を有する滝の町。そこで、滝をテーマに精力的な創作活動を続けている横尾氏にポスター製作を依頼したといいます。

数ある滝の中から、横尾氏がポスターのモチーフにも使った『五龍の滝』を訪ねてみました。標高1337メートルの山口県最高峰、寂地山に広がる寂地峡。寂地川という1本の流れが5つの表情を見せてくれる五龍の滝は、日本の滝百選にも選ばれています。

滝のアクセス地図

 

ふもとの案内所で入手した地図を見ると、滝を巡るコースはわずか300メートル。気軽に登り始めたものの、短い間に5つの滝があるだけあってかなりの急勾配です。汗を流しながら登っていくと、次々と現れる流麗な滝や、清冽な水の流れには身も引き締まる思いがします。沢で手を浸せば水は冷たく清らか。1本の流れを追って滝をたどる楽しさは疲れを忘れたほど。滝が秘めたエネルギーを感じた渓谷歩きになりました。

木谷峡の写真

滝が多い錦町。町の西側にある、もみじ谷の別名を持つ木谷峡も有名。

ページのトップに戻る

 

個人情報の保護について本サイトのご利用にあたって

Copyright(C) 2004- THE YAMAGUCHI BANK, Ltd. All Rights Reserved.

当サイトは、最新の FLASH plugin が必要なページがあります。こちらからダウンロードして下さい。

Adobe Acrobat Reader をお持ちでない方は、こちらから最新のプラグインを入手してください。