山口銀行

銀行コード:0170

サイトマップ

文字サイズ+-リセット
 
 

総合トップページお楽しみコンテンツふるさと紀行(Vol.41 山口の地から目指せJリーグ!ほか)山口のサッカー少年が憧れるチームに

お楽しみコンテンツ

ふるさと紀行

表紙に戻る

 

Vol.41 山口の地から目指せJリーグ!ほか

山口のサッカー少年が憧れるチームに

レノファ山口FCの写真

初めての地元の試合に緊張の面持ち。対戦相手は強豪・佐川急便中国だ。

プロを目指すサッカーのクラブチーム『レノファ山口FC』が2月に山口市で結成されました。現在、中国リーグ戦の真っ最中です。

「山口県でトップリーグのチームを育てるのは、サッカーにかかわる者がずっと目指していたこと。やっと一歩を踏み出せた今、身震いするくらいうれしいんです」

そう語るのは、宮成隆監督。教員時代に地元でプレーした後、山口県サッカー協会理事長や技術委員長を歴任し、県サッカー協会と一丸となって選手育成に取り組んできました。その中には大分トリニータの高松大樹選手、浦和レッズの田中達也選手などJリーグ選手もいます。

「有望選手を県外へ出すことが悔しくもあった。地元に、子どもが憧れるチームが必要です。選手が仕事と両立しながら上を目指す厳しさは承知の上で、山口ならではのチーム作りをします」

宮成監督の写真

宮成監督は早稲田大学時代は日本代表に選ばれた。

 

熱き思いは選手も同じ。藤本将吾選手は「地元で、上のレベルを目指すサッカーに挑むチャンス」。セレクション合格組の柏原渉選手が地元・広島で決まっていた就職を断ってまで入団したのも、「サッカーをやりたい」一心から。またとない機会にみな緊張しながらも心躍らせています。

しかし、道のりは長く果てしない。中国リーグを勝ち上がるとJFL、J2、その先にやっと見えるJ1。「でも夢だとは思っていません。5年、10年かけて目指します」。監督は真っ直ぐな目でそう語ります。

選手達の写真

1勝1勝の積み重ねがJへの道と信じてゴールを目指す!

ページのトップに戻る

 

個人情報の保護について本サイトのご利用にあたって

Copyright(C) 2004- THE YAMAGUCHI BANK, Ltd. All Rights Reserved.

当サイトは、最新の FLASH plugin が必要なページがあります。こちらからダウンロードして下さい。

Adobe Acrobat Reader をお持ちでない方は、こちらから最新のプラグインを入手してください。