山口銀行

銀行コード:0170

サイトマップ

文字サイズ+-リセット
 
 

総合トップページお楽しみコンテンツふるさと紀行(Vol.41 山口の地から目指せJリーグ!ほか(新生・山口市を行く。山の里、海のまちで憩う。))『えび狩り世界選手権』や町歩き催事で町を元気に!

お楽しみコンテンツ

ふるさと紀行

表紙に戻る

 

Vol.41 山口の地から目指せJリーグ!ほか(新生・山口市を行く。山の里、海のまちで憩う。)

『えび狩り世界選手権』や町歩き催事で町を元気に!

エビを手づかみしている写真

砂に潜っている車エビを手づかみで!収穫した車エビは持ち帰れます。

秋穂、阿知須と合併し、山口市は海の幸の宝庫になりました。中でも有名なのは秋穂の車エビ、そしてその名を全国に知らしめた『えび狩り世界選手権大会』でしょう。

干潟に放流された活き車海老を手づかみで捕るこの大会は、今年で16回目を迎えます。定員1500人に対して応募は県内外から2万人以上という人気ぶりですが、「開催前は町の人が海岸の掃除に参加する、手づくりイベントですよ」と主催する秋穂観光協会。

秋穂は八十八ヶ所霊場があり、お大師参りがある旧暦3月20、21日は、土地の人が札所でお遍路さんを接待するお土地柄。もてなしの心こそイベント成功の秘けつなのかもしれません。 

山口市の風景写真

秋穂、阿知須と合併し、山口市は海のある街になった。

 

秋穂から周防大橋を渡って対岸は阿知須です。野鳥や渡り鳥が憩うヨシ原や干潟が広がり、『きらら浜自然観察公園』では水生生物や植物の観察が楽しめます。

阿知須はかつて廻船業で栄えた港町でした。商店街では、その名残でもある白壁の居蔵造の家を見ることができます。店舗が減っていく阿知須では、町を活気づけようと、居蔵造やお地蔵を巡る町歩きイベントが盛んです。

「町の人はみんな協力的ぃね」と笑うのは竹本幸子さん。ご自身も町を元気づけたいと、2年前に閉めた店に知人の手芸作品を展示し、道ゆく人に紹介しているそう。

「自然は豊か。人に情けがある阿知須が、私は大好きなほ」と幸子さん。笑顔で語ってくれました。

左/古いお地蔵さんの写真 右/竹本幸子さんの写真

左/あちこちに鎮座する古いお地蔵さん。時折、地元の人々によるお接待も。
右/阿知須にお嫁に来て50年という幸子さん。

えび狩り世界選手権大会

2006年は8月26日(土)開催。
参加料(1人)は中学生以上2500円、
5歳以上~小学生1000円。
募集は7月1日から。7月半ば締切予定。
問い合わせ/秋穂観光協会TEL083-984-3741

えび狩り世界選手権大会の写真

 
きらら浜自然観察公園

ビジターセンターでは望遠鏡や双眼鏡の貸し出しができる。
住所/山口市阿知須509-53
TEL /0836-66-2030
開園時間/9時~17時
休園日/月曜(休日の場合は翌日)、12月28日~1月4日
ビジターセンター入館料/200円(18歳以下は無料)
http://www6.ocn.ne.jp/~kirara-h/

きらら浜自然観察公園の写真

 

ページのトップに戻る

 

個人情報の保護について本サイトのご利用にあたって

Copyright(C) 2004- THE YAMAGUCHI BANK, Ltd. All Rights Reserved.

当サイトは、最新の FLASH plugin が必要なページがあります。こちらからダウンロードして下さい。

Adobe Acrobat Reader をお持ちでない方は、こちらから最新のプラグインを入手してください。