山口銀行

銀行コード:0170

サイトマップ

文字サイズ+-リセット
 
 

総合トップページお楽しみコンテンツふるさと紀行(Vol.42 周防国の古都を歴史そぞろ歩き)毛利邸は和風建築の粋

お楽しみコンテンツ

ふるさと紀行

表紙に戻る

 

Vol.42 周防国の古都を歴史そぞろ歩き

毛利邸は和風建築の粋

毛利氏庭園では国の名勝を堪能できます。

公爵となって帰郷した毛利氏は、景色や便のよい防府に25,000坪の庭と敷地1,200坪もの豪邸を築きました。完成は大正5年(1916)。屋久杉やドイツから輸入した吹きガラスの窓など、材、匠の技とも贅を尽くした邸宅は、当時の建築の粋を集めたもの。2階からは、秋は紅葉が美しい庭、その先に防府の町を望めます。

庭と反対側には、台所や食器蔵、使用人棟などの屋根がズラリ。 

「当時の使用人は90人。名家の娘も行儀見習いとして住んでいました」と館長。「先日、行儀見習いだったという老婦人が来館され、朝は朝風呂に入って身支度し、お客さまの接待などをしたと懐かしがっておられました」。山田さんも初耳の小さな歴史話でした。

毛利氏庭園の写真

紅葉の秋、桜の春に来園者が多い毛利氏庭園。「緑が輝く新緑の頃もお薦め」と館長。

毛利邸2階の写真

毛利邸の2階は見晴らし抜群。遠くは瀬戸内海まで見渡せる。

 
毛利氏庭園・毛利博物館

博物館には、三本の矢の伝説のもとになった毛利元就直筆の「三子教訓状」などゆかりの品をはじめ、国宝を含む2万点を収蔵。
住所/防府市多々良1-15-1 TEL/0835-22-0001
開館・開園時間/9時~17時30分(10~3月は17時まで)
休館日/博物館は12月22日~31日、庭園は無休
料金/庭園400円、博物館700円(国宝を展示する11月の特別展は1000円)、共通券1000円

ページのトップに戻る

 

個人情報の保護について本サイトのご利用にあたって

Copyright(C) 2004- THE YAMAGUCHI BANK, Ltd. All Rights Reserved.

当サイトは、最新の FLASH plugin が必要なページがあります。こちらからダウンロードして下さい。

Adobe Acrobat Reader をお持ちでない方は、こちらから最新のプラグインを入手してください。