山口銀行

銀行コード:0170

サイトマップ

文字サイズ+-リセット
 
 

総合トップページお楽しみコンテンツふるさと紀行(Vol.46 やまぐち、深発見!全国からのお取り寄せが後を絶たない、山口の名品たち。)萩市・萩見蘭牧場の見蘭牛

お楽しみコンテンツ

ふるさと紀行

表紙に戻る

 

Vol.46 やまぐち、深発見!全国からのお取り寄せが後を絶たない、山口の名品たち。

萩市・萩見蘭牧場の見蘭牛

日本で最も古い和牛であり、国の天然記念物として産地指定されている「見島牛(みしまぎゅう)」。その美味しさは通の間では名が通っていますが年間に供給できる量はごくわずか。萩市の萩見蘭牧場では、これをもっと多くの人に味わってもらいたいと考え、開発したのが「見蘭牛(けんらんぎゅう)」です。見島牛の長所を生かした肉牛を安定して供給できないものかと、研究・開発に取り組み、様々な交配を繰り返したのだそうです。その結果、見島牛とオランダ原産・乳牛の女王「ホルスタイン」の純粋種との交配に成功、見蘭牛の第一号が誕生しました。昭和49年のことです。それから飼育を始めて5年後、昭和54年には萩で初めての特産牛肉「見蘭牛」が誕生し翌年から販売が始まりました。

肉質は見島牛のようにきめ細かい霜降り肉で、自然のコクと香りが感じられる柔らかくて甘みのある牛肉です。焼くとサラリとした脂と赤身の肉の味が合わさって上品な旨味が味わえます。

見蘭牛が飼育されている牧場は、萩市から車で30分ほど行った山奥の空気が澄んだ自然いっぱいの場所にあります。牛にストレスを与えない自然豊かなのどかな環境で、すくすくと育っています。

また、見島牛で作られたミドリヤファーム直営牧場「萩見蘭牧場」の見島ビーフソーセージは、フジテレビの「うまいもん認定委員会」で紹介され、全国的にも有名になり今では入手困難とまでになっている逸品です。

「写真:藤井治雄さん]

ミドリヤファーム・藤井治雄さん

[写真:見蘭牛]

ストレスなく育てられた見蘭牛

[写真:手からミルクを与えています]

赤ちゃん牛には、手からミルクを与えて大切に育てている。

[写真:天然記念物の見島牛]

天然記念物の見島牛。他の和牛よりひとまわり小さい。

 

左/きれいなサシの入った見蘭牛 右/見蘭牛のビーフジャーキー

左/きれいなサシの入った見蘭牛。
右/深みのある美味しさを凝縮した見蘭牛のビーフジャーキー。

左/ミドリヤファーム店内 右/ミドリヤファームのバーベキューガーデン

左/見蘭牛が買えるミドリヤファーム
右/ミドリヤファームでは肉を買ってその場で味わえるバーベキューガーデンも併設

■ ミドリヤファーム・萩見蘭牧場

萩市堀内89番地
TEL:0838-25-1232
HP:http://mishimaushi.com/

ページのトップに戻る

 

個人情報の保護について本サイトのご利用にあたって

Copyright(C) 2004- THE YAMAGUCHI BANK, Ltd. All Rights Reserved.

当サイトは、最新の FLASH plugin が必要なページがあります。こちらからダウンロードして下さい。

Adobe Acrobat Reader をお持ちでない方は、こちらから最新のプラグインを入手してください。