山口銀行

銀行コード:0170

サイトマップ

文字サイズ+-リセット
 
 

総合トップページお楽しみコンテンツふるさと紀行(Vol.46 やまぐち、深発見!全国からのお取り寄せが後を絶たない、山口の名品たち。)樹齢100年の木に実る、秋芳梨

お楽しみコンテンツ

ふるさと紀行

表紙に戻る

 

Vol.46 やまぐち、深発見!全国からのお取り寄せが後を絶たない、山口の名品たち。

樹齢100年の木に実る、秋芳梨

秋芳町の特産である秋芳梨は、二十世紀という品種です。中でも有名なのは、山口県で最初に栽培された樹齢100年の樹から穫れた梨で、「長寿梨」と呼ばれています。今でも1本の樹から約2000個余りの実をつけるそうです。日本中でも、この樹齢でこれほどの実をつける梨の樹は他にないといいます。ここには8本の長寿梨の樹が現役で毎年、美味しい梨を実らせています。この果樹園の大橋さんは三代目。代々受け継いできたこの樹を、大切に育てるために、そして一人でも多くの人に秋芳町の梨を食べていただけるように、日々大切に手入れをし、育てているそうです。収穫が終わったからといって、のんびりはしていられません。今度は、畑にたい肥を施し、枝を剪定し、来年の実のための準備に入るのです。100歳の樹を維持していくためには、手間暇を惜しまず丁寧に大切に育てなければならないようです。秋芳梨のみずみずしい美味しさは、秋芳町の果樹園の方たちの愛情といっしょに、みなさんのもとへ届けられているのです。

また、秋芳町・長寿梨の品質の高さは全国に知られ、東京の高級果物店「新宿高野」に19年間連続で納めています。名水百選に称えられた水とカルシウムが豊富なカルスト台地という豊かな土壌と昼夜の寒暖の差が大きいというこの地特有の気候が、しゃりっと気持ちの良い食感とみずみずしい果汁を作りだしているのです。そのうえ糖度が高く、大玉が揃っていることも、秋芳梨の特長のひとつとなっています。

「写真:樹齢100年の樹になる長寿梨]

樹齢100年の樹になる長寿梨

[写真:果樹園のオーナー・大橋昭保さん]

果樹園のオーナー・大橋昭保さん

 

販売期間は8月下旬~9月中旬くらいまで。すぐに売り切れてしまうそうです。

[写真:収穫迄あと2週間の秋芳梨]

収穫迄あと2週間の秋芳梨

■ 秋芳梨生産販売協同組合

美祢郡秋芳町別府
TEL:0837-65-2221(代表)

今回ご紹介した、全国から問い合わせの多い山口の名産品たち。生産者の方々のお話しを聞くにつけ、全国の人々がその味や品質の良さに魅了され、お取り寄せが後を絶たない理由がわかったような気がします。丁寧に大切に、そして愛情がたっぷり込められた名品を、ぜひお試しください。

ページのトップに戻る

 

個人情報の保護について本サイトのご利用にあたって

Copyright(C) 2004- THE YAMAGUCHI BANK, Ltd. All Rights Reserved.

当サイトは、最新の FLASH plugin が必要なページがあります。こちらからダウンロードして下さい。

Adobe Acrobat Reader をお持ちでない方は、こちらから最新のプラグインを入手してください。