山口銀行

銀行コード:0170

サイトマップ

文字サイズ+-リセット
 
 

総合トップページお楽しみコンテンツふるさと紀行(Vol.51 ふるさとをぐるりと探検 アートな街、散策。)近代化産業遺産を市民の手で再生。

お楽しみコンテンツ

ふるさと紀行

表紙に戻る

 

Vol.51 ふるさとをぐるりと探検 アートな街、散策。

近代化産業遺産を市民の手で再生。

天井が高く、モダンアートを感じさせる建物内

天井が高く、モダンアートを感じさせる建物内

宇部市のアートの歴史を語る時になくてはならない建造物があると聞いて、その建物を見るために宇部市都市開発部・まちづくり推進課を訪ねました。それは宇部市の産業近代化に大きく貢献した地場企業を支えてきた旧宇部銀行(山口銀行旧宇部支店)でした。

街が誇る建築家・村野藤吾氏によって昭和16年に建築され、アーティスティックな内装がとても印象的な建物。山口銀行旧宇部支店は、平成18年に新築移転。その後、平成19年に経済産業省より近代化産業遺産に認定されました。これは、街の産業の発展を見守ってきた市民にとっても重要な建物であるという認定です。平成20年、その認定を受けた山口銀行から建物が宇部市へと寄贈されました。市では建物が老朽化していたこともあり、当初は取り壊しを予定していたといいます。しかし地元の商店街の人々や日本建築士会の方々の強い要望もあり、市と市民が一丸となって歴史的建造物を守っていこうと新しい取り組みを始めました。市民の声を聞きながら、建物のリユースの方向性を見つけるためのワークショップです。宇部の中心市街地という立地の特徴を活かしてどのような利用がふさわしいのかを今もなお模索しているのだそうです。宇部の歴史を約70年間見守った建物が、街のランドマークとして再生する日も近いようです。

これから市民の手で再生される 旧宇部銀行(山口銀行旧宇部支店)

これから市民の手で再生される
旧宇部銀行(山口銀行旧宇部支店)

宇部市都市開発部まちづくり推進課の 石井裕さん(左)と濱野雅臣さん(右)

宇部市都市開発部まちづくり推進課の
石井裕さん(左)と濱野雅臣さん(右)

 

ひょっこり出会った街の美味しいもの。

「ケァンベル」の焼きたてパン

街で出会ったOLさんに教えていただいたパン屋さん。バケットやバターたっぷりのクロワッサン、スコーンが大人気。中でもOLさんのオススメはフレンチトースト。

香ばしい焼きたての匂い

香ばしい焼きたての匂い

 

「虎月堂」の包装シュークリーム

ぎゅうっと詰まったカスタードクリームの口どけは絶品。ネットの人気ランキングでも上位に入るほどの人気商品。「オランダ焼」は55年前の創業以来、変わらぬ味を守りつづけている伝統の菓子。

オランダ焼(左)/包装シュークリーム(右)

オランダ焼(左)
包装シュークリーム(右)

 
■ケァンベル

宇部市島3丁目10-19
TEL:0120-66-3457
営業時間:10:00~19:00
定休日:月曜日

■虎月堂

宇部市昭和町3-1-9
TEL:0836-21-3543
営業時間:9:30~19:00
定休日:日曜日

ページのトップに戻る

 

個人情報の保護について本サイトのご利用にあたって

Copyright(C) 2004- THE YAMAGUCHI BANK, Ltd. All Rights Reserved.

当サイトは、最新の FLASH plugin が必要なページがあります。こちらからダウンロードして下さい。

Adobe Acrobat Reader をお持ちでない方は、こちらから最新のプラグインを入手してください。