山口銀行

銀行コード:0170

サイトマップ

文字サイズ+-リセット
 
 

総合トップページお楽しみコンテンツふるさと紀行(Vol.52 映画の中の景色を探しに スクリーンの中で、息づくふるさと。)自然が織りなす、山海の美。

お楽しみコンテンツ

ふるさと紀行

表紙に戻る

 

Vol.52 映画の中の景色を探しに スクリーンの中で、息づくふるさと。

自然が織りなす、山海の美。

角島大橋

角島大橋

神秘的な景色に、奇蹟が舞い降りる  角島[四日間の奇蹟]

山口県出身の映画監督・佐々部清監督が、故郷を舞台にした映画「四日間の奇蹟」。舞台となった角島は、美しい海と砂浜が広がり夏になるとたくさんの人が訪れ、CMやTVドラマにも度々登場している場所として有名です。そして、映画の中でも奇蹟のラストシーンをドラマチックなものにしているのが灯台。明治6年に日本海側最初の石造りの灯台として作られて以来、今も活躍しています。また劇中に奇蹟が舞い降りる場所となった教会は、映画のキービジュアルとして建てられました。プロテスタントをイメージしたクラシカルな佇まいは、瑠璃色の海を持つ角島をより神秘的な場所にしてくれています。この教会は新しい角島のシンボルとして美しい景色の中に今も存在し続けています。

島に渡るための約1.8kmにも及ぶ長い橋、朝日と夕日が波間に移ろうオーションビュー、神秘的な美しい海、島全体が、まさに奇蹟を呼び起こす場所としてふさわしいシチュエーションだったのですね。

©2005 「四日間の奇蹟」製作委員会

©2005 「四日間の奇蹟」製作委員会

日本海側最古の灯台

日本海側最古の灯台

映画のセット用に建てられた教会

映画のセット用に建てられた教会

映画「四日間の奇蹟」

映画「四日間の奇蹟」
DVD好評発売中
©2005 「四日間の奇蹟」製作委員会

 

ページのトップに戻る

 

個人情報の保護について本サイトのご利用にあたって

Copyright(C) 2004- THE YAMAGUCHI BANK, Ltd. All Rights Reserved.

当サイトは、最新の FLASH plugin が必要なページがあります。こちらからダウンロードして下さい。

Adobe Acrobat Reader をお持ちでない方は、こちらから最新のプラグインを入手してください。