山口銀行

銀行コード:0170

サイトマップ

文字サイズ+-リセット
 
 

総合トップページお楽しみコンテンツふるさと紀行(Vol.52 映画の中の景色を探しに スクリーンの中で、息づくふるさと。)古き佳き時代を偲ばせる街。

お楽しみコンテンツ

ふるさと紀行

表紙に戻る

 

Vol.52 映画の中の景色を探しに スクリーンの中で、息づくふるさと。

古き佳き時代を偲ばせる街。

昭和30年代のモダンな建物様式が生かされて。  宇部[ALWAYS 続・三丁目の夕日]

撮影が行われたのは、渡辺翁記念会館。なんと映画館に入場するシーンを撮影するためだけに映画スタッフや出演者が来られたのだとか。当時の映画館は観音開きの扉がほとんどだったらしく、現在はそのスタイルの会館は日本でも数少ないのだそうです。映画を完成させるための、スタッフの方々の妥協のない姿勢には本当に驚かされます。

エントランス

エントランス

ロビー

ロビー

 

映画が町に活気を与えてくれた。  鹿野[石内尋常小学校 花は散れども]

 舞台となったのは、鹿野町立大潮小学校(現在は廃校)。主な撮影は物語の舞台でもある広島県で行われ、ここでは運動会と教室のシーンが撮影されました。監督や撮影スタッフを始め、役者さんや出演者の子供たちと、大人数で広島から来られて撮影時はとてもにぎやかだった様子。また当時の様子を再現するために、サッシの窓は全て木枠に作り替えられ、黒板も木製のものを用意したというこだわりよう。エキストラで映画に参加された石川光生さん(鹿野町在住)は「スタッフの方々のこだわりには本当に驚きました。この撮影のおかげで町が活気づいてきたことがうれしい」。この映画がきっかけとなって、町もこれから賑やかになりそうですね。

昭和の小学校と言えばこんな感じでした

昭和の小学校と言えばこんな感じでした

この教室で撮影

この教室で撮影

エキストラで出演された 石川光生さん(左)と潮田甲子朗さん

エキストラで出演された石川光生さん(左)と潮田甲子朗さん

 

「鹿野町立大潮小学校」校庭

撮影場所となった「鹿野町立大潮小学校」校庭では運動会のシーンを撮影

ふるさと紀行はVol.52で最終回となります。ご愛読ありがとうございました。

 

ページのトップに戻る

 

個人情報の保護について本サイトのご利用にあたって

Copyright(C) 2004- THE YAMAGUCHI BANK, Ltd. All Rights Reserved.

当サイトは、最新の FLASH plugin が必要なページがあります。こちらからダウンロードして下さい。

Adobe Acrobat Reader をお持ちでない方は、こちらから最新のプラグインを入手してください。