売掛債権流動化

売掛債権流動化

お客さまが保有する売掛債権を譲渡することで資金調達を行います

商品の特徴

新たな資金調達手段の開拓や財務指標の向上が期待できます。

売掛債権流動化とは

お客さまがお持ちの売掛債権(受取手形・売掛金)を、特別目的会社(SPC)へ譲渡いただき、その譲渡代金を受け取る資金調達方法です。
従来の手形割引等での資金調達方法と異なり、売掛債権をオフバランス化(バランスシートから分離)することが可能です。

売掛債権流動化のメリット
  1. 売掛債権のオフバランス化によるバランスシートのスリム化
    • 調達した資金で買掛金や借入金等の負債勘定を圧縮することが可能です
    • 自己資本比率の向上、ROA(総資本利益率)の向上等が期待できます
  2. 資金調達方法の多様化
    • 通常の銀行借入、社債発行、株式発行等従来の金融手法以外の方法で資金調達が可能です
    • 売掛債権の早期資金化が可能です
  3. 資金調達コストの削減
    • 売掛債権の信用力を利用し、低コストで資金調達できる可能性があります

お問い合わせは最寄りの山口銀行まで