TOPICS

日本ハンドボール選手権大会(全国)

YMGUTS 日本ハンドボール選手権大会ベスト16!!

皆様応援ありがとうございました!!
実業団・クラブチーム・学生のハンドボールチームが日本一を決める日本ハンドボール選手権大会が12月23日〜27日に石川県金沢市のいしかわ総合スポーツセンターで開催されました。 山口銀行YMGUTSは今大会に初出場し、見事『ベスト16』という戦績を残すことができました!
会場には各カテゴリーのトップチームが集結し、いつもとは違う物々しい緊張感とテレビで見る整った会場に圧倒される一方で、こんな大舞台に私達はたどり着いたのかと更に気持ちが高まっていきました。

一回戦:VS 高岡向陵高等学校 / 25―24

初戦は、富山県代表の高岡向陵高等学校。全国屈指の強豪校で高校生と言えども決して油断できる相手ではありませんでした。 開始直後は、緊張からか硬さが目立ち攻めあぐねていましたが、石丸選手の先制弾で均衡を破ります。 その後、松村選手、橋本選手、竹本選手の連打やGK石川選手のナイスセーブにより、前半はYMGUTSがペースを握り17―13で折り返しました。 しかし、後半に入ると今大会が引退試合となる高岡向陵も猛反撃。若さ溢れるプレーで一度乗った勢いは収まらず、同点まで追い詰められます。 相手の勢いのまま手に汗握る攻防が続きましたが、最後の最後に竹本選手が決勝弾を叩き込み、残りの時間を全力で死守し見事初勝利をもぎ取りました。

二回戦:VS 三重バイオレットアイリス / 15―32

二回戦は、実業団チームの三重バイオレットアイリス。先制点は一戦目に続き石丸選手が叩き込みましたが、実業団チームの圧倒的なパワーとスピード、そして見事なコンビプレーで試合の主導権を握られてしまいます。 前半途中、苅田選手が今大会初出場し、見事なシュートを決めチームに流れを引き込む場面もありましたが、前半は8―18で折り返しました。 後半も相手のペースは変わりませんでしたが、日柳選手や松村選手のゴール、その他途中出場した選手達がベストを尽くし、15―32で試合を終えました。 試合では相手のレベルの高さに圧倒されましたが、学ぶものも多く、次のステージに進むための良い経験になりました。

監督&選手コメント

東監督より

日本ハンドボール選手権大会では、初出場初勝利することができ、ベスト16という結果を残すことができました。 これもひとえに地域の皆様からの熱い応援のおかげだと感じております。ありがとうございました。 今大会の経験を生かし、仕事とハンドボールを両立してさらに強くなっていきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

山根キャプテンより

初めての日本選手権出場でとても緊張し自分たちのハンドボールがなかなかできず、苦しい戦いになりました。 しかし最後まで全員で集中し、絶対に勝つという気持ちが最後の一点に繋がり勝利できたと思います。 この大会で得たものを今後にしっかりつなげていき、レベルアップできるように頑張りたいと思います。 皆様のご協力ご声援のおかげで今の私たちがあります。本当に感謝しきれません。ありがとうございました。



大会は、北國銀行が大阪体育大学を決勝で下し、日本一に。
YMGUTSもその高みを目指してこれからも頑張って参ります!
スポーツ配信アプリ「PLAYER!」で頂いた皆様からの1万を超える応援メッセージやスタンプは選手の背中を強く押し、遠く石川でYMFGが一つとなり戦っていることを強く感じることができました。 皆様ほんとにありがとうございました!!
来年は、「新しい力で、次のステージへ。」
ハンドボールも仕事も地域貢献活動も全力で頑張ります!
これからもYMGUTSを宜しくお願い致します♪

大会の様子
大会の様子


大会の様子
大会の様子


大会の様子
大会の様子

2021年試合予定

1月30日 ザ・テラスホテルズ(下松スポーツ公園体育館 14:00 スローオフ)
2月20日 香川銀行T・C(山口県立下関武道館 11:00 スローオフ)