投資信託

投資信託

投資信託の特徴

POINT
01

少ない金額からの投資が可能

一般購入は10,000円から、積立は月々3,000円から始めることができます。
株式や債券と異なり、少額の資金から投資を行うことができます。

POINT
02

専門家による効率的な資産運用

投資信託は投資家から集めた資金をプロの運用に託す商品です。
運用の専門家である委託会社(運用会社)のファンドマネージャーがお客様に代わって運用を行います。

POINT
03

分散投資によりリスクを低減

お客様からお預かりした資金を、複数の投資対象に分散投資します。
分散投資を行うことで、単一銘柄への投資と比較して価格変動等のリスクを低く抑えることが期待できます。

POINT
04

お客様のニーズに最適な商品選択が可能

投資対象によってリスクとリターンの度合いは様々です。
お客様のニーズに応じた投資信託をお選びいただけます。

投資に興味を持ったら、まずは山口銀行の投信積立!

こんな風にお考えではないですか?

こんな風にお考えではないですか?

手元にまとまったお金がある方もない方も、
お金のことを考えた今が、資産を育てるスタートの時です!

人生には結婚・子育て・住宅購入・退職などのさまざまな節目があり、そのたびに何らかのまとまったお金がかかるケースは少なくありません。
将来、お金が必要になってから困らないように、今からできることを少しずつはじめておきましょう。

投信積立なら
投資を始める上での不安が解決できます!

投信積立なら投資を始める上での不安が解決できます!

■投信積立のメリット

POINT
01

月々3,000円から投資が可能

POINT
02

コツコツ投資が効果的

POINT
03

購入資金は自動引落で手間いらず

\ さらに詳しく知りたい方はこちら! /

\ 口座開設やご相談はこちらから /

シミュレーションでみる投信積立の効果

CHECK!

早く始めることが殖やすコツ!

60歳を目標として、利回り5%(税引後)で運用した場合、30歳の時に運用を開始した場合と、40歳の時に運用を開始した場合を比較してみましょう。
運用によってふえた分をさらに元本に組み込み運用する「複利効果」によって、60歳時には大きな差になります。
小さな金額でもコツコツと、早くから運用をスタートすることが積立のコツです。

早く始めれば始めるほど、積立の複利効果が受取れます!

※上記の計算は例示を持って理解を深めるためのものであり、手数料を考慮していないため、実際の取引結果とは異なります。

\ さらに詳しく知りたい方はこちら! /

\ 口座開設やご相談はこちらから /

シミュレーションでみる投信積立の効果

この投資信託に同じ金額を投資したAさんとBさん。
1年後、二人の運用結果はどうなっているでしょうか?

シミュレーションでみる投資信託の効果

投信積立を活用すると、途中値下がりしても、「安い時期にも自動的に買っていた」ことになり、良い結果につながる場合もあります。
投信積立では、途中の値下がりを必ずしも気にする必要はなく、最終的に価格が上向くと考えられる資産に投資することがポイントです。

便利でおトクなサービスを利用して、かしこく投資信託をはじめませんか?

はじめての投資で色々不安・・・そんな方はこちらをチェック!

\ 口座開設やご相談はこちらから /

人気のファンドはこちらを確認!

投資家のみなさまにご確認いただきたい事項

投資信託は、国内外の株式・公社債等を投資対象にしますので、組入有価証券の価格の下落や、組入有価証券の発行体の財務状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。また、為替レートの変動の影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。
したがって投資家のみなさまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割込むことがあります。投資信託は、ご購入時等に各種手数料がかかります。
【例:申込手数料(申込代金の最大3.24%)+信託報酬(総資産に対し最大年率2.11%)+信託財産留保額(換金時の基準価額に最大0.5%)+その他費用】
※その他の費用については、売買条件等により異なるため、あらかじめ金額または上限額等を記載することはできません。上記手数料等の合計額についても、保有金額または保有期間等により異なるため、あらかじめ表示することはできません。
投資信託は、金融機関の預金等ではありません。
投資信託は、預金保険の対象ではありません。
投資信託は、クーリングオフ(金融商品取引法第37条の6の規定)の適用がありません。
投資信託の運用による損益は、投資信託を購入されたお客さまに帰属します。
当行で販売する投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
投資信託の設定・運用は、運用会社が行ないます。
投資信託の取得のお申込みに際しては、店頭にご用意している契約締結前交付書面および投資信託説明書(目論見書)の内容を十分にお読みください。
当行制定の勧誘方針に基づき、お客さま保護の観点から、お申込みをお断りする場合がありますので、あらかじめご了承ください。

\ 口座開設やご相談はこちらから /