投資信託の基礎知識
投資信託の種類

投資信託の種類

投資信託の種類

投資信託は「株式」「債券」「不動産投資信託(REIT)」等の資産に投資できる金融商品です。代表的な資産とされる「株式」「債券」「REIT」の3資産を、それぞれ「国内」と「海外」に分けると6種類になります。それに複数の資産を組み合わせる「バランス」を含めて、7種類が投資信託の主な種類となります。

投資信託の種類

投資対象となる資産の特徴

株式

一般企業が投資家から資金を調達するために発行するものです。

株式

特徴
01

投資資産の成長性が期待できる

株式に投資すると、企業の業績や景気が良かった場合、値上がり益が期待できます。

特徴
02

値上がり益以外の楽しみがある

配当による収入や投資した企業の「株主優待」といった楽しみもあります。

特徴
03

インフレに強い傾向

株式は、預金・債券に比べ物価動向への反応が一般的に強く、インフレにも強い傾向があります。

債券

国や一般企業等が資金を調達するために発行するものです。

債券

特徴
01

安定した利子収入が期待できる

一般的には、償還までの間、定期的に利子が支払われます。

特徴
02

投資資産の安定性が期待できる

債券には満期があり、あらかじめ何年後に額面金額を返すかが決められています。

特徴
03

発行体により信用が異なる

債券の安全性は、発行体にお金を返す力があるかにより決まります。

不動産投資信託(REIT)

投資家から集めた資金でオフィスやマンション等の不動産を購入し、運用する投資信託です。

不動産投資信託(REIT)

特徴
01

安定した賃料収入が期待できる

REITの配当金は賃料収入等に基づいており、安定した配当が期待できます。

特徴
02

投資資産の成長性が期待できる

経済の状況がよかった場合、REITに組入れている不動産の価値や賃料収入が上昇することで、REIT価格の値上がり益にも期待できます。

特徴
03

インフレに強い傾向

配当の原資となる賃料は、物価の上昇にあわせて上昇する傾向があり、インフレに強い傾向があります。

\ 口座開設やご相談はこちらから /